強制献血で娘の復讐を果たした女性のお話とは?

強制献血を行った事件世界の都市伝説

今回お話しする都市伝説的な事件は

強制献血

です。

本当にあるかどうか・・・・信じるのはあなた次第です。

強制献血を行った事件

強制献血を行った事件

母一人子一人のある家庭があった。
母親は生計を立てるため看護婦として働き、娘は忙しい母親に代わって家事を担う心優しい少女だった。

しかし、ある時から娘は札付きのワルと交際を始め、遂には母親の反対を押し切って駆け落ちしてしまった。

残された母親は連絡のとれない娘を待ち続けた。

娘は数ヶ月後に帰ってきたが、目は虚ろで身体は痣だらけだった。
母親が問いつめると、駆け落ち後、すぐに男が本性をあらわし暴力を振るう様になったこと、
マリファナを覚えさせられ麻薬中毒にされたこと、働かない男の生活費と麻薬代の為に売春を強いられたこと、妊娠すると階段から突き落とされて流産させられたことを、娘は涙ながらに告白した。

母親は娘を慰めたが、娘は鬱状態が次第に悪化し自殺してしまった。

娘を自殺に追い込んだ男に復讐する為、母親は男の実家で待ち伏せした。
娘という金づるがいなくなって、遊ぶ金に困った男は両親に金をせびりにくると考えたからだ。

予感は的中した。

暴力で親から金を奪い取った男が上機嫌で家から出てきたところをピストルで脅し、睡眠薬を注射して眠らせ、そして自宅の地下室に監禁した。
眠る男をベッドに縛り付け、腕に輸血用の針を刺し、血が貯まる袋を男にも見える位置に設置した。

つまり、「強制献血」させたのである。

男は間もなく目を覚まし、自分の状態を悟ると母親に泣きながら命乞いをした。

しかし、母親が聞く耳を持つはずもなかった。

男は半日かけて、自分の血がゆっくりと失われていく恐怖を味わいながら、出血多量で死亡した。

母親は男が死ぬと電話で警察に通報し、パトカーが現場に到着する間に自殺したという。

これは、アメリカで実際に起こった事件である。

[スポンサーリンク]

強制献血の事件は起こったのか?

強制献血の事件は起こったのか?

犯人が逮捕前に自殺したのに、どうしてここまで事件の詳細が分かっているのかは怪しいところですが、一応見ていきましょう。

この文章の一番最後の「アメリカで実際に起こった事件」ということなんですが、調べました。

しかしこの事件自体は検索しても、同じ事件は見つけれませんでした。

恐らく管理人の捜査能力のなさでしょう。

それだけの悲惨な事件なら恐らくネットに転がっている筈なんですが転がっていない・・・嘘とは言い切れません。

こういった復讐事件なら世界中で起きるからです。

[スポンサーリンク]

世界で実際に起きた復讐事件一覧

世界で実際に起きた復讐事件一覧

アメリカテキサス州で5歳の娘に暴行した犯人を父親が素手で殴り殺す。

父親は性的暴行を止める目的での暴行致死は「容認・正当化される」という法律で不起訴処分

インド2003年に父親を殺害した犯人を殺害、遺体を12個に切り分け川に投げ捨てる。

逮捕後、彼は「復讐を12年間待った。成し遂げれて幸せだ」と語った。

南アフリカ娘を暴行してHIV感染させた男らを斧などで殺害したとして元ラグビー選手が逮捕。
スペイン娘を性的暴行し、出所後に被害者の母親を嘲笑った男が被害者の母親に燃やされて殺された。

母親は逮捕されたが、翌日出廷した時は街の人々から歓声で迎えられた。

アメリカ娘を暴行して殺害した男の家を差し押さえ、消防局に寄付し訓練の一環としてその家に火を付ける。
自殺団地という団地で起きた恐ろしい恐怖体験とは?
今回お話しするお話は5chに載っていた恐怖体験の自殺団地で、信じるかどうかはあなた次第・・・・・。自殺団地のお話長文になりますが体験を書きますかなり文章が下手なので長文が駄目な方、下手な文章に苛々してしまう方は...
タイトルとURLをコピーしました