【恐怖体験談】付き合っていた彼女からの恐怖の交換日記

【恐怖体験談】付き合っていた彼女からの恐怖の交換日記5chの恐怖体験

 今回お話する都市伝説的な怖いお話は

交換日記

です。

 

 

交換日記のお話

【恐怖体験談】付き合っていた彼女からの恐怖の交換日記

今年の正月、実家に帰った男は高校時代の後輩のKからある相談を受けた。
男はKにも承諾を得たので、彼の話の内容をほぼ忠実に書き記したいと思ったという。
以下はKの会話である。

話の始まりは俺が専門学校に通っていた頃になるんですけど…
専門学校に入学して数ヶ月してある女の子と付き合う事になったんです。
その子は同じクラスの子で毎日顔を合わすわけですよ。
当時ね、女の子同士とか恋人同士での交換日記が流行っていたんです。
で、俺も半ばノリで彼女と交換日記をする事になったんです。

その時はどうせ2〜3ヶ月くらいで飽きてやらなくなるだろうって思ってたんですよね。
だけどね、何だかんだで結構長く続いたんです。
日記って言ってもちゃんとした日記帳じゃなくてどこにでもあるようなノートにお互い日記を書いて交換してたんです。

女の子チックな日記帳を持ち歩くのって何だか恥ずかしいじゃないですか。
だから俺の希望で普通のノートに日記を書いてくれって頼んだわけですよ。

で…彼女と付き合い始めて半年くらい経ったある日、突然、彼女が学校に来なくなったんです。

一人暮らしの彼女の家に行ったり電話したりして何とか彼女と連絡を取ろうとしましたけど結局、最後まで彼女と連絡は取れませんでした…。
それから暫くして警察から電話があって彼女が自殺したという事を知ったんです…。

山中で彼女の遺体が見つかったんですが…その時に彼女が所有していた遺品の中に俺の日記があったんで警察から連絡がきたんです。
交換日記って言っても普通は日記を交換しているのは学校にいる間だけじゃないですか。
でも最後に彼女と会った日、俺の日記を家に持ち帰ってゆっくり見たいって言うんでそのまま彼女は俺の日記を持って帰っちゃったんです。

あの日で交換日記が終わる事を分かっていた上での行動だったんでしょう。
俺の日記の最後のページには彼女のものと思われる震えた字で「ごめんね」と書いてありました。

彼女、元々体が弱くて幼い頃からずっと病院に通っていたんです。
彼女の遺書には「苦しくて苦しくてもう耐えられない…」って内容が書いてありました。

病気の事も知っていたのに、その時一番彼女の近くに居たのに。
彼女を救えなかった自分を恨みました。
彼女の葬儀の時に初めて彼女の両親と会いました。
その時に俺の持っていた彼女の日記を彼女の両親に見せたんです。

最初はこのまま俺が彼女の日記を持っているべきだろうかって悩みました。
でも彼女の両親が自分達で保管したいと言うので彼女の日記は彼女の両親に手渡しました。
そんな事があってからすぐ俺は学校を辞めました。

アルバイトを見つけてフリーター生活を始めました。
バイト先で新しい恋人も見つけて少しずつだけど自殺した彼女を思いだすことも減っていきました。
1年も経つと自殺した彼女を思い出す事は殆ど無くなっていました。
で、新しい恋人と同棲する事になって住んでいたアパートを引っ越す事になったんです。

引越しの前日、荷物整理していると、見慣れないノートが出てきたんです。
何のノートだろうってページを開いたら彼女の日記なんです。
自殺した彼女の!
間違いなく彼女の日記は彼女の両親に手渡したんですよ!
なのにそれが俺の手元にある。

混乱した俺は自殺した彼女の実家に電話しました。
彼女の親に話を聞いたところ、葬儀の日、俺が日記を手渡したその日の内に彼女の日記は行方不明になったらしいんです。
俺が無意識の内に持ち出してしまっていたのか?なんて考えましたけどそうじゃないってすぐに分かりました。

彼女の日記をぺらぺらとめくって見てみたんです。
すぐに気付いたんですけど、その日記おかしいんですよ。
ノートのほぼ全ページが日記で埋まってるんです。

最後に交換日記をした時にはせいぜいノートの半分くらいしか埋まってなかったんですよ。
日記の日付を見てみると、彼女が死んだ日以降も日記が続いてるんです。
で、彼女が死んだ日以降の日記の内容ってのが、俺の恋人とデートした内容とか話をした内容とかそういう事が書かれているんですよ。

そういう事もあって結局、その時に付き合っていた恋人ともすぐに別れたんです。
それ以来、誰とも付き合ってませんよ。
だって誰かと付き合ったらまた日記が書かれちゃうと思うんで。

今でもね、自殺した彼女がどこかで俺の事を見ているんじゃないか…って思うんです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました