【洒落怖】いつも笑顔のおじさんが追いかけてくる

いつも笑顔のおじさん5chの恐怖体験

今回お話しする都市伝説的な怖い話は

5chの恐怖体験談

いつも笑顔のおじさん

です。

こんな人に出会ったら怖すぎて即刻引っ越すでしょう。

いつも笑顔のおじさん

いつも笑顔のおじさん

これは、ある男が体験した、洒落にならない話である。


仕事が終わり、男はいつもの帰り道を歩いていたときのこと。

ふと視線を感じ、ある家の2階を見ると、初老のおじさんが窓際に立ってこちらに手を振っていた。
それも満面の笑みで。

なにか気味が悪かったので、男は無視して家に帰ったという。

あくる日、仕事が終わり、またいつもの道を通る。
そしてまた例の家の2階を見るとおじさんが満面の笑みで手を振っている。

気味が悪かったのでまた無視することにした。


これは男が近所のおばさんから聞いた話だが、あの家に住んでいるおじさんは精神病んだのだか、痴呆だかでちょっとおかしくなってしまい、いつも2階の窓から道行く人に手を振りまくっているということだった。
家族が相手をしてくれないから、そうやって寂しさを紛らわせているらしい。


それからというもの、その家の前を通る度おじさんは手を振っている。
いつも満面の笑みを浮かべ・・・


またそこを通ったらあのおじさんがいつもと同じ事している。
いつも無視していては何だか可哀想な気がしたので、その日男はたまには手を振り返してやることにした。

「しょうがねえなあ〜」

と手を二階のおじさんに向けて振ってやった。

するとおじさん、たいそう喜んで激しく手を振り返してきた。

「おじさん喜んでる・・・」

おじさんがあまりに嬉しそうだったので、それからというものそこを通ると手を振ってやる事にした。

そんなある日男は仕事帰りにまたおじさんの家の前を通りかかり、同じように手を振ってあげた。

片手を挙げ、バイバイと手を振る。
するとおじさん両手を挙げ満面の笑みで手を大きく振ってきた。


「おじさんかなり嬉しそうだ!」
そう思うとこっちも嬉しくなり、男も激しく手を振ってあげた。

そして「おーい!」と両手を大きく頭の上で振った。
そしたらおじさんは窓を開け、満面の笑みでこう叫んだ

「今行くぞー!!」


え?と男は思った。

おじさんそう言うと、満面の笑みで2階から男のいる方にダイブしたのだ。

どさっという物が落下する音と共に嫌な音が耳に残る。

「ゴッキ!!」


鈍い音がした。
塀でおじさんの姿は見えないが、落ちる瞬間の体勢からして頭から落ちたのは確かだった。

その音を聞き、家族らしき人が出てくる。

「ヤバイことになった・・・・」
男は怖くなりその場から逃げ出した。

おじさんがどうなったかは男には解らないが、普通の落ち方ではないと思った。
もしかして死んだかも・・・


男は家に帰るとベットの中で震えていた。
自分に罪はないと何度も自分自身に言い聞かせたが、やはりだめで、その夜は恐怖と罪悪感で眠ることができなかった。


次の日分ったことだが、おじさんは首の骨を折って亡くなってたらしい。
即死だったのかどうかは不明だが、男は手を振り返した事を大変後悔した。
なによりおじさんを助けようとせずに逃げた自分を恥じ、それに罪悪感を感じた。


それから男はおじさんがいた家の前を通る事はなくなった。
というか怖くて通れなくなった。

早く忘れたい・・・それだけである。


しかし後悔の念は取れないし後気味が大変に悪いので、けじめをつける意味でおじさんに謝ろうと決心した。
心から謝り、自分の心を整理してその事件から決別しようとしたのだ。
そして仕事帰りに勇気を出し、その家の前を通った。


嫌な気分になりながらも家の前につき、手を合わせおじさんに心の中で謝った。

「逃げたりして本当にごめんなさい・・・・」

涙がにじんだ目でおじさんのいた2階の部屋を見上げると、誰かが手を振っている。
誰かいるのかな?


・・・・・・そのとき背筋が凍った。
おじさんが満面の笑みでこちらに手を振っていたのである。

信じられない光景に男は呆然としてしばしそれを眺めていた。
死んだはずなのに・・・・・

しばらく呆然と見ているとおじさんが窓を開けだした。
そしてこう叫んだ!


「今行くぞー!!!!!!」

やばい!!
男は只ならぬ危機感を感じ全速力で逃げ出した。

「うああ、こっちにくる!!」

全速力で住んでいるアパートまで走った。
走って走って走った・・・


そしてアパートに着くと息を切らしてベットに潜り込み震えていた。
なんでおじさんが!?・・・・

そのとき声がした。
「おーい、おーい、おーい・・・」

おじさんの声がする、どうやら男を捜しているようだ。

「おーい、おーい、おーい、おーい、おーい・・・この近くにいるんだろ?・・・」

自分の部屋の前を行ったり来たりしているようだ。


「早くどっか言ってくれ・・・・」
男はそれだけを願いながらベットの中で震えていた。

「おーい、おーい、おーい、おーい、おーい、おーい、おーい、おーい・・・」

狂ったようにおじさんは叫び続けている。


「おーい、おーい、おーい、おーい。俺の話を聞いてくれよ・・・寂しいんだよ・・・」

そんなこと言われても死人と話す事なんて・・・。
男は震えながら、とにかく早くどっか行ってくれることを願った。
耳を押さえ、ただベッドで震えていた・・・

そして気が付くと朝であった・・・


それからというもの、夜中になるとおじさんがアパートの近くで男を探すようになった。

「おーい、おーい・・・」

自分の寂しさを訴えながら男を捜すのである。
このままでは精神的にもやばくなりそうだし、あの世に連れていかれると思ったので男はすぐそこを引越したという。


あれから五年が経つがおじさんはまだアパートの前で自分を探しているのだろうか?
自分が住んでいた部屋に引越してきた新しい住人のことを自分と間違えて、尋ねて来ていなければ良いが・・・

男は心配していた。

そのアパートは、南向きの2階建てで、ある私鉄の駅から自転車で10分程度。
階段から一番遠い部屋が、その部屋だ。

思い当たる人は、どうか気をつけて・・・

 

タイトルとURLをコピーしました